目の疲れに関する基礎知識

眼精疲労

通常の眼の疲労に加えてストレスなどによる神経系の緊張が高まる事で発症しやすい眼精疲労は、日常生活におけるストレス解決や休憩・運動などによる対策が有効とされる。眼精疲労に効果的な血流改善に繋がる方法として、緑黄色野菜をはじめとした食品や漢方の活用が挙げられる。

詳細を確認する...

効果に関する正しい知識

ブルーベリー

ブルーベリーは目に良いとされていますがその効果には視力矯正と言う物は無く、単に不足した栄養素を補う形なのでそこを理解して過剰に用いない様にもするべきです。これらだけを頼るのは間違いなので眼球の運動を取り入れたり遠くを適度に見るか、或いは瞬きと言った物も意識してやる事で改善が見込める様になります。

詳細を確認する...

ブルーベリーの健康成分

さぷり

アントシアニンは、ブルーベリーや紫の野菜に含まれる健康成分です。これは目の網膜にあるロドプシンという物質の働きを助けるため、目の健康に役立つといわれています。最近の研究では心臓疾患にも効果があるとされるため、心臓病の人にとってもアントシアニンのサプリは有益だといえます。

詳細を確認する...

隅々にまで酸素を運ぶ

栄養補助剤

疲れやすく肌荒れしやすい

女性に多い貧血や立ちくらみの原因として多いのが鉄分不足です。しかし、これ以外にも鉄分不足で起きる症状は様々なものがあり、代表的なものに疲労があります。血液中のヘモグロビンの数や濃度などは鉄分によって変わってきますから、これが少ないと血液が充分に作られなくなります。すると、体のあちこちに酸素をしっかりと運べなくなりますから、体の機能が低下してきて疲れやすかったりしっかり寝ても疲労が回復しないなどの症状が出てきます。体だけでなく、女性に重要な肌にも大きく影響していて、肌の隅々まで酸素を届けることが出来なくなります。すると、肌は乾燥しやすくなって潤いやハリがなくなり、外からの刺激に弱くなって肌荒れしやすくなります。これらを改善するためにも、食事やサプリメントからしっかりと鉄分を補給するようにしましょう。

一日に必要な量

健康な体を維持するために必要な鉄分の量は、女性の場合だと男性よりも多く必要で、一日に12mgから15mgくらいが適切です。また、妊娠中や授乳中にはもっと必要となり、15mgから20mgを目安となります。食事から取るのが理想的ですが、不足している場合にはサプリメントを活用しましょう。特に野菜や海藻などに含まれている鉄分は体への吸収力が悪く、約1%から6%程度しか吸収できませんから、サプリメントを併用するのがおすすめです。また、動物性のものは植物性のものよりも吸収率が高い反面、カロリーや脂質を多く含みますから、しっかりとカロリー計算して取り入れるのが大切です。その点、手軽に摂取できるサプリメントならカロリーなどを気にしなくてすみますし、体への吸収率が高いというメリットがあります。