ブルーベリーの健康成分

さぷり

心臓疾患にも効果が期待

アントシアニンは天然の色素で、茄子やブルーベリー、またアヤムラサキのような紫色の芋類に含まれています。このアントシアニンは、抗酸化力が強いことで知られるポリフェノールの一種です。ブルーベリーなどの植物がこのポリフェノールを持っているのは、紫外線の害から自身を守るためだといわれています。このアントシアニンを含むブルーベリーにはさまざまな種類がありますが、特に野生種のブルーベリーについて、ブルーベリーを食べたグループと食べなかったグループとに分かれて比較調査が行われた結果、食べた方のグループでは心臓疾患のリスクが下がったという研究報告がなされています。これは野生種のブルーベリーに、より豊富なアントシアニンが含まれているためとみられています。アントシアニンは目にいいということで人気がありますが、心臓疾患を持つ人にもこの成分の入ったサプリを摂取することは有益だと考えられます。

目の働きを助ける作用

アントシアニンを多く含むブルーベリー類は、特に目にいい食品として有名です。これは、人の網膜が持つメカニズムと関係があります。網膜に光が入ってくると、ロドプシンという物質が合成され、視覚情報を脳へと伝えます。このロドプシンというものは、紫色の色素を持つタンパク質です。ロドプシンが合成と分解を繰り返すことにより、人はものを見ることができます。アントシアニンは、このロドプシンの働きをサポートする作用を持っています。そのため、アントシアニンのサプリが目によいとされているのです。アントシアニンには時間の経過や加熱によって失われるという性質があるため、サプリで摂るのは理にかなっています。ただしアントシアニンは体内の水分とともに排出されやすいので、サプリで摂る場合も毎日続けることが大切です。