目の疲れに関する基礎知識

眼精疲労

慢性的な異常の主な特徴

人間の眼は、レンズの役割を持つ水晶体を毛様体と呼ばれる筋肉によってピント調節する事で、様々な距離のモノを見る事が可能な仕組みとなっています。そのため眼を酷使すると、筋肉の疲労が眼の疲れとなって感じる事になります。通常であれば就寝など、適切な休息を挟めば疲労回復によって、眼の疲れは治まります。しかし眼精疲労と呼ばれる様な深刻な状態になると、眼の疲れが引かないばかりか痛みを自覚したり、中枢および神経系への悪影響が及んだりする場合もあります。中枢および神経系へ影響が及ぶと、頭痛や吐き気、不眠や眼以外での疲労、カラダの末端部分のしびれ等といった症状が出る場合も挙げられます。こうした眼精疲労の症状に至る場合、単なる眼の酷使以上の要因が絡んでいるとされます。主な要因としてストレスが挙げられ、ストレスによって交感神経優位の状態で更に眼を酷使する事で、交感神経の興奮が加速。中枢や神経系での異常に至る程になるとされています。そのため、日常生活でも予防対策として適度な休憩や運動を組み合わせ、神経の働きを正常に保つ事が勧められます。

今後の拡大予想

今後はIT機器の活用がより広がると共に、眼精疲労のリスクが高まる事も予想されます。そのため日常生活から対策に取り組むと共に、より効果的な対策の開発・確立が求められる状況とされています。眼精疲労は原則、毛様体をはじめとした筋肉組織や視神経への血流が悪くなって栄養補給が遅れたり、神経系の緊張が高まったりする事で長引きやすいとされます。そのため運動によって血流を改善したり、休憩によって緊張を緩和する事が有効となっています。そして近年では、こうした血流改善や緊張緩和が期待できる栄養や漢方成分が発見され、それらへの注目が高まっているとされます。対策として取り入れたい食事では、緑黄色野菜やブルーベリー、レバーといった食品が有効とされています。